カテゴリー
Car Audio COROLLA TOYOTA

カローラスポーツ ツィーター埋込

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

少しづつステップアップしている
カローラスポーツ

今回は以前取り付けたツィーターを埋込加工です

最近の車はデザイン性も高く
左右非対称デザインが多く平坦面も少なくなってきています
小型のツィーターならまだ何とかなる事も
このツィーターはワイドレンジツィーター
一般的なスコーカー帯域まで再生する為
サイズも大きく重量もあり
しっかりと固定できていないのが正直な所

と言う事で埋込作業を行います

埋込場所はピラーがベストですが
このサイズだと前方視界がそれなりに遮られてしまします
オーナー自身のみ運転する車であれば
慣れて頂ければ大丈夫ですが
ご家族も運転する車と言う事で
今回は純正ツィーターのカバーを加工して埋め込みます

カバーも左右非対称なので
左右対称のピラー等から慎重に取付位置を決めて
マウントを製作します

最後に生地を貼って完成

しっかりと固定ができた事で
音質も向上
見た目も音もご満足頂けました

そしてパテの硬化時間待ちの時間を有効利用して
バーチャルアースなども取り付けて電源強化
ファミリーカーでラゲッジを使えなく
シート下もこれまで取り付けたユニットでいっぱいの為
助手席足元前方へ埋め込んでみました

荷物を積むのでラゲッジを使いたくないと言う方も多いですが
デッドスペースを有効利用する事で
十分オーディオは楽しめますよ

お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Car Audio HIACE TOYOTA

ハイエース オーディオ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは100系ハイエース
旧車好きのオーナーさんのお車です

20年以上前のお車ですが
非常に状態がよくオリジナルを
できるだけ残したいと言うご希望です

古いお車の純正オーディオは絶望的で
このお車のフロントスピーカーも
ダッシュ左右に下向きに取り付けられている為
音楽を楽しむというより
ただ音が出ていると言う状態
しかも10cmフルレンジスピーカーなんで
低域も絶望的・・・

音だけの事を考えたら
ドアに16cmサイズのスピーカーを取り付けて
左右非対称のダッシュなので
ピラーにツィーターを埋め込んで・・・・とすれば
大きく改善可能ですが
オリジナルに拘る為
今回は車両は無加工で取り付けます

無加工で取り付けるため選んだのは
MTXのIP432

こいつでできるだけ広い帯域をダッシュの上で再生します
とりあえずミッドは純正を使用して
おいおいできる限り少ない加工で
グレードアップするかを考えます

そして10cmスピーカーでの
低域再生は難しいので
ロックフォードのサブウーハーでしっかりと再生

アンプはグラウンドゼロで
ウーハーBOX背面へ固定

今回は車両への加工を一切行わない形での取付でした
音の好みから取付に対する条件など
与えられた条件の中から
最善の策をご提案させて頂きます

お気軽にご相談下さい

カテゴリー
86 TOYOTA Tuning

86 バッテリー交換&アーシング施工

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
バッテリー移設ついでのアーシング作業

使用するのは
高性能バッテリーのキネティック
今となっては国内取り扱いが無くなってしまい
残念ではありますが
今回は乗り換え前のお車からの乗せ換えです
消耗品であるバッテリーですが
前車でも半年しか使用していなかったので
まだまだ十分使えます

純正バッテリー位置には入らない程大きなバッテリーなので
ラゲッジへの取付

今後前車で組んでいた
オーディオシステムを移植予定ですので
今回はライトな取付
今後アンプやサブウーハーのレイアウトに合わせ
本格固定の予定

ラゲッジにオーディオを組む場合
すぐそばのこの位置にバッテリーがあるのは
色々メリットがありますし
バッテリー自体がエンジンの熱を受けなくなるので
オススメです

とは言え今度はエンジンから遠くなった事により
エンジン制御関係の電気の廻りが悪くなります
ボディの鉄板を通って電気は廻るので
バッテリーを後ろに持って行っても
実用上全く問題ありません

ですが純正位置のバッテリーであっても
アースケーブルを高性能な物に交換するだけで
エンジンの吹けだとかレスポンス等が改善します

それが銅線から鉄板になって良い訳がありません

せっかくの走りも楽しめるスポーツカーですから
ここはしっかりと拘って
マイナス側の対策を行います

エンジンミッション側のアースポイントから

いくつかの純正アースポイントを経由しながら

移設したバッテリーアースポイントまで繋げます

こうする事で
途中にある電子パーツのアース強化にもなって
電気の流れが改善されます
バッテリーを移設していなくても
オススメの方法ですよ

しかも今回はアイスワイヤーでの施工
現状考えうる最高のマテリアルですので
完璧です!

電源強化から始まったオーディオカー製作
完成が楽しみな1台です!!

カテゴリー
Exterior Custom TOYOTA WillVS

WillVS グリル加工

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのはWillVSのグリル加工です

このお車も登場してから約20年

メーカーのマークもなく
あまり車に詳しくない方には正体不明
発売当時異業種合同プロジェクト「Will」ブランドで
発売された「VS」と言うお車
とっくにWillブランドはなくなって
車以外の商品は全く見る事はありませんが
車だけは中古車市場でもまだまだ流通しており
Willブランドのマークは
今となっては車だけでしか見る事ができない状態

今回はある意味この貴重なWillマークを撤去して
更に正体不明の車に仕上げますw

パット見、外すだけだと思いましたが
グリルを外し
続いてマークを外したら
裏にリブが残ると言うまさかの展開w

しかたなくカットする事に
ですがカットした後
ボディ色に塗るのは予算的にも色々大変なので
再塗装しないで完成させる方法で加工します

バンパー上面から生えているリブをカットすると
当然断面が上面に残ります
バンパーを再塗装しないので
断面を削り落とします
それも不自然なラインにならないように
広範囲に渡って純正ラインから自然な形で
グリルの形状を削って変更します

グリル下側はこれで完成

問題は上側

グリルを被せるとほぼ見えなくはなりますし
下から覗きこまないと見えない所ではありますが
完成度向上の為しっかりと造り込みます

下側と同じ様に削り落としてしまうと
グリルを被せた時の見栄えが不自然になるので
こちらは面出しをして塗装をします

まずはパテ盛

面出しできたらサフェを一吹き

目立たなくする為
ブラック塗装

これでバンパー側の加工は終了

グリルを被せて
純正の網は再利用できないので
社外エアロ同様
エキスパンドメタルを取り付けて完成

基本的にカットしただけの仕上がりには見えませんw

引きで正面から

更に正体不明ですねw

オーディオだけでなく
エクステリアのカスタムも
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
86 Car Audio Car Electronics TOYOTA

86 ナビ取付 

東京都武蔵村山市のEINZIELEです

今回は新車86のナビ取付

新型のGR86の予約が開始されたみたいですが
こちらは86ファイナルエディション

取り付けるナビは
有機ELディスプレイを採用して
画質がめちゃくちゃ綺麗な
パナソニックのCN-F1X10BLD

取付前には当店オススメメニューの
コーティングから

今回はナビだけでなく
メーターやパワーウィンドウスイッチパネルも
一緒にコーティング

特にメーターは気を付けないと
簡単にキズが入ってしまいますので
表面コードを上げるコーティングは
特にオススメです!

これらのパーツだけでなく
塗装仕上げのパーツであれば
コーティング可能ですので
お気軽にご相談下さい
表面コードが上がり
キズが付きにくくなりますよ!

それでは取付

さすがの10インチ
存在感があります
ハザードスイッチがちょっと使いにくくなるぐらいで
他に大きな問題はありません

コーティングのおかげで
表面が平滑になり
きれいな有機ELディスプレイも
更にきれいに!

そして様々な楽しみ方が出来る様に
オーディオテクニカの
ハイレゾメディアプレイヤーAT-HRP5も取付
HDMIケーブルでナビと接続で
高音質&高画質で動画も楽しめます

そして将来的に画像はHDMIでナビへ
音声信号は光やコアキシャルでデジタル出力
直接DSPへ入力する事で
更に高音質化が可能です!

将来の無駄のないシステムアップ方法も
色々ご提案させていただきます
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
CROWN TOYOTA Tuning

クラウン マフラー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです

今回のご紹介は
クラウンのマフラー交換

当店にはリフトはありませんので
ジャッキアップで交換

これだけ上がれば十分ですw

サクサクっと純正を外して
新しいマフラーを取り付ける前に
コーティング

使用しているうちにススで真っ黒になるマフラー
初めにコーティングをしておく事で
今後の洗車が楽になりますよ

ボディと違って
パーツのクリーニングは装着した後では大変
新品のうちに対策しておく事がオススメです!
他にもブレーキダストで汚れるアルミホイールも
オススメですよ

コーティングをした後は
取り付けるだけ

オーディオ以外も色々やってます

お気軽に何でもご相談下さい

カテゴリー
CAMRY Car Audio TOYOTA

カムリ スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは
今季絶好調のカムリハイブリッド

僕がこのお車を手掛ける様になって約3年
都度音質向上に情熱を注ぎ
コンテストでも結果が出せるシステムにはなって来ましたが
更なる上位入賞を目標に
シーズンオフにスピーカー交換を実施

今回選んだスピーカーは
スーパーハエインドのZRスピーカーラボ

音色は上品で人気のスピーカーですが
扱いが難しいと言う評判もあるスピーカー

とは言っても初めて扱うスピーカーの
ポテンシャルを最大限引き出すのは容易な事ではないので
あまり気にしませんがw

今回交換するのは
諸事情により
ツィーターとスコーカー

ミッドは現状使用中のモレルを
引き続き使用します

この組み合わせもかなりチャレンジングな事ですがw

それでは取付に
この大きなスピーカーをどこに付けるのかが
一番の課題

コーン型のスコーカーは
しっかりとチャンバーによって取り付けるのが
うちのスタイル

ですがこのカムリ
ドアは特徴的なデザインの為
この大きなスコーカーを取り付けるには
デザイン的に難しく
ダッシュ上への取り付ける事に

次の課題はチャンバー容量
だいたい500cc~800cc辺りで製作しますが
オーナーさんの「できるだけ大きく」と言う
強い要望により
普段はやらない形状でチャンバーを製作

これで約1000cc弱を確保
ダッシュ上のチャンバーでは過去最大級w

次はこの大きなチャンバーを
どう付けるかですが

ここしかない!って所に決定
うちの考えでは
もう少し内に角度を振りたいところですが
そこは我慢

続いてツィーター位置
ツィーターぐらいのサイズであれば
特徴的なデザインのドアでも
何とかなるとは思いますが
最近のトヨタ車
ドアへの通線が国産車では
トップクラスに面倒くさい構造になってますので
太いハイエンドケーブルを2本通すのはかなり大変
やれと言われればやりますが
工賃は要相談となりますw

と言う事で
今回はボディ側への取付

スコーカーチャンバーと一体化で
この様なデザインのピラーに

かなりごついですが
何とか形になりましたw

ごついですが
気合の1枚貼りで何とか完成


理想を追いかけると
予算が上がるのは良くある話ですが
今回は取り付け方と予算の相談に
長い時間をかけて作り上げた作品となりました

その甲斐があって
この今シーズンの好結果に繋がってると思います

オーディオインストールやシステムアップで
お悩みの方
ご予算の中で
最大限のパフォーマンスを発揮できるシステムを
ご提案させて頂きますので
是非ご相談下さい!



カテゴリー
Car Audio COROLLA TOYOTA

カローラスポーツ オーディオ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

これまで色々準備を始めていたカローラスポーツ
いよいよオーディオインストールです

使用ユニットはオーナー様が古くから愛用している名機
ナカミチにサウンドストリームなどなど
最新のデジタルシステムではなく
アナログシステムをインストールです

しかもアナログシステムのフルマルチシステムなので
取り付けるユニットも多くなります

助手席下に
ナカミチのプリアンプにクロスオーバー
そしてサウンドストリームのアンプを1枚

運転席下には
モスコニのアンプ2枚と
ビートソニックのサブウーハー

これだけのユニットをシート下に押し込んだ為
ヒューズホルダーはダッシュボードの中に

ダッシュボードの中と言っても
パネルを1枚外せば簡単にアクセスできますので
万が一の時でも安心です

そしてナカミチのプリアンプのコントローラーは
純正オプションのDVDプレイヤーのパネルだけを入手し
加工取付

ハーフDINサイズのコントローラーがジャストフィット♪
見た目も操作性も抜群です

最後にスピーカーはオーナー様お気に入りのソニックデザイン
ドアはワンオフのインナーバッフルで取付

ツィーターはとりあえずそのままダッシュ上へポン置き

これで一旦オーディオシステムの完成です
アナログシステムらしい
鮮度の高い、勢いのある音で
オーナー様にも喜んで頂けました

現在主流はデジタルシステムではありますが
この様なシステムもお気軽にご相談下さい

カテゴリー
Car Audio PRIUS TOYOTA

プリウス スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回は50プリウスの
ナビの交換と
スタートアッププランによるスピーカー交換のご紹介

ちなみにこのお車
フロントドアのスピーカー交換等が
メーカーより禁止となっておりますが
交換は可能です
詳しくはお問い合わせ下さい

まずはスタートアッププランの施工
スタートアッププランは
・スピーカー本体
・デッドニング
・インナーバッフル
・スピーカーケーブル引き回し
・ショートパーツ一式
が全てパックとなったお得なプランです

デッドニングは非公開とさせて頂いてますので
写真はありませんが
パックだからと言って
ライトなデッドニングではなく
本格的なデッドニングを施工致します

そしてなかなか面倒な作業とされている
スピーカーケーブルの引き回しは
カプラーであっても
様々な方法を駆使して
なるべく被覆を剥かずに通します

太いケーブルですと
一番外の被覆を剥いて
中の細い被覆だけにすれば簡単なんですが
それでは何の為にしっかりとした被覆を使用しているのか
分からなくなってしまいますからね
できるだけそのままの方法で通線するのが
うちのスタイルです
スタートアッププランでは
比較的簡単に通線できる太さのケーブルを使用しますが
プランとは関係なく
極太のスピーカーケーブルを通したい方はご相談下さい
作業方法により追加費用は発生致しますが
ここはオーナー様の音への拘り次第かと

話を戻しましてこのプリウスのスピーカーは
ディナウディオのエソタン
リーズナブルにディナウディオサウンドを楽しめる
人気のスピーカーです

ミッドは当店オリジナルのインナーバッフルにて固定

ツィーターは
マウントが付属していないスピーカーですので
汎用ツィーターマウント(セット外品)使用して

ダッシュ上に固定
この汎用ツィーターマウントのお陰で
マウントがほぼ付属していない
海外製スピーカーも
リーズナブルな取付が可能になりましたね

以上がスタートアッププランの
一通りの内容です
リーズナブルなプランですが
一切手は抜いておりません
過去にはこのプランでのお取り付けで
コンテストでの入賞や
しっかりとした結果が出たお車もあるぐらいですので
リーズナブルに音質向上を狙いたい方は
是非ご相談下さい

そして最後にナビの交換

純正ナビから楽ナビへ交換

今回は通常の取付ですが
音質向上を狙った取付プランもご用意しておりますので
こちらもお気軽にご相談下さい!

カテゴリー
COROLLA TOYOTA Tuning

カローラスポーツ アーシング

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回もアーシングのご紹介
お車はカローラスポーツ
使用するケーブルはもちろんアイスワイヤー

どうせやるなら間違いのないケーブルでと言う事で
当店では
アーシングと言ったらアイスワイヤーです
前回S660では1本の交換でしたが
フロントエンジン、フロントバッテリーのお車では
通常ボディとミッションに1本づつ
バッテリーアースが落ちてますので
今回は2本の交換です

ですがこのお車

めちゃくちゃ大変

エアクリとECUを取り外さないと
ボディ側のアースポイントにアクセスできないと言う・・・

そしてもう1本はミッションへ

どちらもリングターミナルはF2musicを使用
そしてボルトもアイスボルトへ交換

せっかくやるので
良い物は積極的に採用します

あとは元に戻して完成
バッテリーアースの交換は
全ての電装品に効果を発揮しますので
走りを追求する方
オーディオを追求する方
などなどどんな方にもオススメですよ