カテゴリー
Car Audio Exterior Custom NISSAN NOTE AURA

ノートオーラ カスタム!

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
最近絶好調のノートオーラ!

一昨年のシーズンオフに乗り換え
段階的にステップアップ
そんなお車のご紹介

新車フルノーマル状態からの
一発目のカスタムはやっぱりオーディオ

まずはラゲッジからの製作
ここに取り付けるのはDSPに
アークオーディオとダモーレの大きなアンプ
純正アンプとバッテリーがもともと付いていて
これらを全てラゲッジ下のフロアへ押し込みます

色々採寸しミリ単位の設計で行けると判断
アンプラックは3階建構造で製作スタート

1階は純正アンプ
2階はアークオーディオ4200SE-Trad 10th Anniversary
隙間にキャパシター他音質改善アイテム

そしてその上の3階には
ダモーレA1500.4

バッテリーを囲うようにDSPにヒューズホルダー

最後に荷物を載せられる強度を出す為に蓋をして

純正のフロアを載せれば

ヘビー級のシステムが搭載されているとは思えない
普通のラゲッジですw

最後に前車から引き継いだウーハーBOXを載せて
ラゲッジは完成!

続いてフロントステージ
色々オーナーさんと相談した結果
当店では一世代前のスタイルになりますが
上の2つはピラーへ取付

ドアは当店最高峰の
コンペティションスペックでのアウターバッフルで製作

デザインはオーナーさんの拘り
AURAの「A」をイメージしたデザインです

そしてオーディオと並行してカスタムしている外装

まずはオリジナルのサイドデカール

角度により色々な色に発色する
面白いシート
外装カスタムはこれを軸に進めて行く事に

続いて外装カスタムの基本ローダウン
車高調はスピリット
タイムアタック業界では有名
WTACのチャンピオンマシンにも使用されるほどの
性能のある車高調です

ローダウンするだけなら
こんな高性能な車高調を使わなくても良いですが
高性能な車高調は乗り心地が全然違います
しかもどのメーカーも吊るしの車高調は
ノーマル状態に合わせたセッティングですが
スピリットと当店で綿密な打ち合わせの上
オーディオ搭載による車重増や
前後バランスの変化に合わせた
イニシャルセットで製作していますので
間違いありません

そしてルーフのラッピング

シートは
黒かカーボンか悩んだ末にカーボンに
スポーティ路線で行く事に決定!

アルミ装着前ですが
だいぶスポーティな感じになってきました
大きな所は押さえたので
後は細かい所を煮詰めて行けば
まだまだカッコよくなっていくと思います

続いてこのスタイルを更にブラッシュアップする為に
チョイスしたホイールが
ワークのシーカーFX
カラーはサイドデカールに合わせてカシスヘイズ
カスタム上級者向けの
なかなかチャレンジングなカラーですw

新品ですがしっかりと清掃して
コーティング
ブレーキダストからホイールを守ります

そして装着

サイズはフロント225のリア245
ホイールもフロント8.0Jのリア8.5Jの
適合表を無視した限界マッチング
計算通りバッチリと決まりました

とは言えこのサイズのお車でも
やっぱり19インチを履きたい所ですね
4H-100の19インチは皆無に近いので
どうしても19インチにする場合は
それなりに費用が掛かってしまいます
予算ができたら次のステップで
チャレンジしたいですね

オーディオだけでなく
車全体をトータルでデザインさせて頂きますので
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Exterior Custom TOYOTA WillVS

WillVS グリル加工

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのはWillVSのグリル加工です

このお車も登場してから約20年

メーカーのマークもなく
あまり車に詳しくない方には正体不明
発売当時異業種合同プロジェクト「Will」ブランドで
発売された「VS」と言うお車
とっくにWillブランドはなくなって
車以外の商品は全く見る事はありませんが
車だけは中古車市場でもまだまだ流通しており
Willブランドのマークは
今となっては車だけでしか見る事ができない状態

今回はある意味この貴重なWillマークを撤去して
更に正体不明の車に仕上げますw

パット見、外すだけだと思いましたが
グリルを外し
続いてマークを外したら
裏にリブが残ると言うまさかの展開w

しかたなくカットする事に
ですがカットした後
ボディ色に塗るのは予算的にも色々大変なので
再塗装しないで完成させる方法で加工します

バンパー上面から生えているリブをカットすると
当然断面が上面に残ります
バンパーを再塗装しないので
断面を削り落とします
それも不自然なラインにならないように
広範囲に渡って純正ラインから自然な形で
グリルの形状を削って変更します

グリル下側はこれで完成

問題は上側

グリルを被せるとほぼ見えなくはなりますし
下から覗きこまないと見えない所ではありますが
完成度向上の為しっかりと造り込みます

下側と同じ様に削り落としてしまうと
グリルを被せた時の見栄えが不自然になるので
こちらは面出しをして塗装をします

まずはパテ盛

面出しできたらサフェを一吹き

目立たなくする為
ブラック塗装

これでバンパー側の加工は終了

グリルを被せて
純正の網は再利用できないので
社外エアロ同様
エキスパンドメタルを取り付けて完成

基本的にカットしただけの仕上がりには見えませんw

引きで正面から

更に正体不明ですねw

オーディオだけでなく
エクステリアのカスタムも
お気軽にご相談下さい!!