カテゴリー
Car Audio Car Electronics EXPEDITION FORD

エクスペディション オーディオ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

年明けから作業に問い合わせに
忙しくさせて頂きまして
ようやく2023年1発目の投稿となりましたが
本年もよろしくお願い致します

と言う事で今回のご紹介は
フォードエクスペディション

前オーナーが大きなスピーカーを取り付けていたのですが
低音が全く鳴らないとのご相談です

原因を探る為にバラシてみましたが
せっかくのアウターバッフルも
トリムに固定されていて取付強度の不足
とりあえずスピーカーが固定されているだけの状態

これを手直しをしようとすると
それなりに予算が掛かってしまいますので
今回は手軽に低音を追加を目的に
サブウーハーを取り付けます

ですがこちらのお車
サイズは大きいのですが
デッドスペースがほとんどありません

シート下も狭く
ラゲッジは荷物を満載するとの事で
使用許可を頂いたのがラゲッジ右サイドのみ

前オーナーが外部アンプを入れていた
収納スペースか何かのスペースを使います

使用したサブウーハーは
ロックフォードのP3の12インチ
変形BOXでサイドウォールにがっちりと固定します

その隣にはサブウーハー用のアンプを固定
スペースを有効に使います

この上に純正トリムと一体成型した
カバーを取り付けて完成です

積載性を最優先に
サイドからの飛び出し量は
タイヤハウスの量まで

車載ジャッキも純正位置にそのまま固定して
蓋を外す事で簡単にアクセスできます

そしてフロントスピーカー用のアンプは
助手席下へ移設


移設ついでにMTXの小型アンプに変更しましたが
このサイズでも結構ギリギリ
ちなみに運転席下は全くスペースがありません・・・

これで今回の低音増強のシステムアップは完了

最後に

レーダーとドラレコを取り付けて
全ての作業完了です!

オーディオに不満のある方
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Car Electronics DEMIO MAZDA

マニュアル車へエンスタ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

東京も寒くなってきた今日この頃
エンジン始動後
なかなか出てこない暖房
もっと快適に出発したい!
と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方へ今回のご紹介は
マツダデミオへのエンスタ取付

最近のお車はほぼカプラーオンで
簡単に取付可能なエンスタですが
このお車はマニュアル車

メーカー適合は皆無
むしろマニュアル車への取付禁止が
明記されています

それはギアが入っていても
スターターは回ってしまうから

いつもニュートラルで停めるから
サイドブレーキを引いていれば大丈夫
と言う方もいらっしゃいますが
どちらも間違いです

人間に絶対はありません
自宅や会社、良く行くお店の駐車場ならまだしも
初めて停める場所が
斜面だったら?

無意識にギアを入れて駐車してしまうかも
知れません

サイドブレーキをしっかりと掛けていても
ギアが入っていたら
スターターの力を受け止める事はできません
スターターが回ったら
車は動いてしまいます

自分が気を付けていれば大丈夫
と言う付け方はオススメしません

なので
当店ではニュートラルを検知するセンサーを
ワンオフで製作し
ギアがニュートラル位置にないと
スターターが回らない様にして
取り付けています

これでマニュアル車でも
安心してエンスタをお使い頂けます

とは言う物の
全てのマニュアル車に取り付けられるかは
現車を確認しないと回答できませんので
マニュアル車でエンスタをお考えの方は
お気軽にご相談下さい





カテゴリー
BMW Car Audio MINI

BMW MINI スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

外国車のお問い合わせも増えて来ました今日この頃
今回はBMWミニのスピーカー交換です

BMWは外国車の中でも
色々なメーカーからトレードインスピーカーが
ラインナップされていますので
手軽にスピーカー交換可能です

それでは作業開始
今回お選び頂いたのは
ブルームーンオーディオ

まずはドアから

純正ではドアミラー裏にツィーターが
ありません



この場合は
ツィーター付用の純正パネルを使って
純正位置にツィーターを固定します
スコーカーは純正と交換するだけのボルトオン

続いて
シート下のスピーカー

こちらも純正を外して
交換するだけのボルトオン

トリム、カバーを戻せば
見た目は変わりませんが
音は激変です

この様にBMWは簡単に交換できますが
トレードインが用意されていない
外国車も交換は可能ですので
お気軽にご相談下さい!

カテゴリー
Car Audio FORESTER SUBARU

フォレスター アウターバッフル製作

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介はアウターバッフルの製作
これまでもアウターバッフル化はしてましたが
スピーカーを交換モレルからベンチャーへ交換した際
バッフルは改造で済ませていましたが
思う様な結果が得られなかった為
思い切って再製作をします

と、その前に
壊れていたドアミラーの修理から

しっかりと造り込まれたドアだと
純正部品の修理も大変
当然ディーラーなどでも断られるので
こういう時に一緒にやるのが効率的
壊れた部分のみ交換して
いよいよドアの再製作開始です

常に進化している
当店最高峰のコンペティションスペックでの製作
今回は改造ではなく
新規での再製作なので
新品の内張を用意します

すぐにカットして切り刻んでしまいますが・・・

最新スペックでは
スピーカーの固定方法が特殊な為
大きなスペースが必要
その為インナーバッフルから製作

スピーカー固定位置が決まったら
アウターバッフルの製作
段ボールで型取りします

インナーバッフルは秘密がいっぱいなので
お見せできませんw

アウターバッフルの製作が
一段落したところで
スコーカーマウントの製作に入ります
当店では性能を引き出す為
必ずチャンバーを製作します

今回はデモカーで良好な結果の出た
レイアウトで製作
とは言えデモカー製作時の反省点を
フィードバックし
更なる進化をした構造で製作となります

ファイバーで型取り
できる限り大きな容量を稼ぐ為の手段です

ここから先はお見せできませんが
約1L弱の容量を確保した
チャンバー一体型のドアパネルの完成です

スコーカー取付の理想的位置に
インナーハンドルがあった為移設

移設先はパワーウィンドウスイッチの位置
玉突きでパワーウィンドウスイッチも移設

最後に生地を貼って完成です

結果的にフルカスタムされたドアになりましたが
派手さを押さえた純正風な仕上げとしました

日々進化を続けている
コンペティションスペック
是非ご検討下さい!!

カテゴリー
Car Audio Car Electronics LAFESTA NISSAN

ラフェスタ カーウィングスナビ交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
ラフェスタのナビ交換
日産純正カーウィングスナビから
社外ナビへの交換

一般的には交換不可とされるナビですが
このお車の場合は無加工で付けようと思えば
無加工で取付可能
こちらのオーナー様も
他店で断られ当店へいらして頂きました

無加工と付くとは言っても
カーウィングスレス仕様のパネルを
別途用意する必要があるのですが
年式的に純正パーツの供給がストップしているかと思いましたが
未だに生産していてくれたのには
ちょっとビックリ
コロナの影響もあり2ヶ月程待ちましたが・・・

必要な部品が入荷したところで
ご入庫頂いて作業開始

無加工で取付はできるのですが
今回は費用を抑える為
カメラは純正を流用するので
カメラ信号線を加工して取り付けます

今回はパイオニアの楽ナビを取付

純正カメラを流用した為
サイドカメラもそのまま使用可能

少し前のナビで
サイドカメラを映すには
もう少し加工が必要でしたが
ナビにもよりますが
ここの加工はしなくても
映し出す事が可能に
便利な世の中になりましたw

もちろんステアリングリモコンも使えます

そして最後に軽くチューニングをして
作業完了です

最近の純正ナビを交換するのは
何かの機能が犠牲になったり
不可能な車もありますが
この年代の純正ナビは
交換可能なお車も多いです
今回の様に簡単にはいかないお車もありますが・・・

地図も古く、地デジも見れない
昔の純正ナビでお困りな方は
お気軽にご相談下さい

ただし年式的に純正パーツの確保が
難しくなってきてますので
お早めにご検討下さい!!

カテゴリー
Interior Custom TOYOTA WillVS

WillVS インジケーター追加

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介はWillVS
ドラポジを改善したら
メーター内のウィンカーインジケーターが
ステアリングに隠れて
見えないとのご相談

お客様のご希望は予算を掛けずに
穴を開けてLEDを差し込む程度の
簡単な構造でOK

との事でしたが

LEDの光は直進性が強く
まともに正面から見ると眩しくて
インジケーターとしては使い物にはなりません

眩しくない様にするには
抵抗を大きくして暗くするか
向きを変えてドラポジから正面で見えない様にするかですが
これでは昼間は光っているかどうか分かりません
特に直射日光が当たってしまうと絶望的です

と言う事で今回の製作条件はこの通り
昼間でもはっきり見えて
夜間は眩しくなく
安価で製作できる構造

この条件で色々考えた結果
パネルの加工を最小限にする為
LEDは5mmの砲弾
穴を開けて挿し込むだけの簡単な構造

そして光量、光の拡散をする構造を
背面に仕込んで完成

写真では明るく見えますが
上記の条件はしっかりクリアした構造が
完成しました

できるかどうか分からないけど
使いにくいからどうにかしたいなど
実用性アップのカスタムも
お気軽にご相談下さい!

カテゴリー
HIACE Noise Reduction TOYOTA

ハイエース 車内静音化

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
ハイエースの車内静音化

最近の車は
ハイブリッドや電気自動車
どんどん厳しくなる騒音規制で
エンジン音、マフラー音はどんどん静かになり
今度はタイヤの転がる音(ロードノイズ)が気になる
と言うのが現在の車であります

今後まだまだ騒音規制は厳しくなりますので
いずれタイヤも改良されて
ロードノイズは小さくなっていくとは思いますが
現状はまだまだそこまでではないので
気になってしまう方には対策が必要です

今回のご相談はハイエース
タイヤとエンジンの真上に座っている為
どうしても騒音は大きめになってしまいます

と言う事で
今回はフロアの制振+遮音を行います

まずは作業する為に
邪魔な物は全て取り外します

本来はフロア全体をやりたい所ですが
さすがにこの大きな車では
予算がかなり高額になってしまいますので
今回はフロントシート下周りの施工です

次に制振材の貼り付け
今回はせっかくやるなら高性能な物でと言う事で
レアルシルト匠を貼り付けます


制振材と言えども遮音効果は少なからずありますので
隙間なく貼り付けるのが当店のやり方

そしてその上に遮音材を貼り付け
素材はDrARTEXのバイブロバリア
非常に遮音効果の高い素材です

こちらも隙間なく貼り付け

これで作業完了
ロードノイズ対策には
他にも色々な方法がありますが
この方法では
走行中のフロアの微小振動を抑える事ができ
運転中の疲労軽減にも繋がります

ノイズ対策も是非ご相談下さい!

カテゴリー
Car Audio CX-8 MAZDA

CX-8 スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは
BOSEシステム搭載のマツダCX-8
音質アップしたいとのご相談です

内容は
BOSEのサウンドシステム・ステージ感に不満はないが
音色をもっと良くしたいと言う物

BOSEシステムに限らず
メーカーオプションの〇〇サウンドシステムなどは
スピーカー交換NG
どうしても交換するとなると
DSP導入など
システム全体入替ぐらいの勢いで相当な費用が必要だったり
というのが一般的

ですが
基本的にスピーカー交換は可能です!!

ただ全部のスピーカーを交換するなら良いですが
一部のスピーカーだけを交換する場合は
交換していないスピーカーとのバランスを
どの様にして取るか?
ここが大きなポイントになります

今回のCX-8の場合
10スピーカーシステムのうち
フロント左右のスピーカーは交換します

フロントスピーカーを交換する事で崩れる
前後バランスはフェーダー機能で調整します
ですが
フロント左右とセンタースピーカーとの
バランスの調整はできませんので
ここは一緒に交換するのがオススメです
しかしここで大きな問題となるのが
純正センタースピーカーサイズは8cm

フロントステージを構築するスピーカーですので
音色を合わせる為
フロント左右のスピーカーと同じメーカーとしたい所
(違うメーカーでやるぐらいなら純正でも良いですからね)
そうなると8cmフルレンジスピーカーを
用意しているメーカーはほとんどなく
スピーカーの選択肢が少ないのがネックでありましたが
ちょっとした加工で10cmサイズまで取付可能です
これで一気に選択肢が増えます

そこで今回お選び頂いたのは
パイオニアのTS-Z900PRS

取付は当店人気メニューの
スタートアッププランでの施工です

お得なセットプランではありますが
一切手を抜かず
しっかりとバラシてデッドニング

スピーカーケーブルの引き直しも
純正アンプの出口直後から

スピーカーまでしっかりと引き直します

CSTの取付は
セット内ですとダッシュ上にポン置きとなります

そしてセンタースピーカーは
10cmサイズのコアキシャル

加工取付でピッタリと収まりました

そして最後に人気メニューの
画面コーティングを純正モニターに施工して終了です

最新の車両にはオーディオ以外の機能が付加されたり
システムアップが難しい車両も増えて来ましたが
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Car Audio ESCUDO SUZUKI

エスクード スピーカーレイアウト変更

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは
コンテストにも積極的にご参加頂いている
スズキエスクード

モレルのスプリーモ602+CDM880のシステムから
スコーカーをイレイトカーボンにアップグレード

これを機にスピーカーレイアウトを
デモカーと同じスタイルに
スコーカーをピラーからドアへ移動します

スコーカーマウントはドア内張りと一体化する為に
FRPでベース作りから

当店ではスコーカーの性能を
できるだけ引き出せる様に
チャンバーに入れて取り付けます

スコーカーの理想的な
取付位置、角度を守って
使える技は全て使って
必要な容量のチャンバーを確保します

このチャンバー製作同様に大変なのは
ドアに2本
スピーカーケーブルを通す作業

最近の車のほとんどは
ドアとボディの接続部はカプラーの為
そう簡単には通りません

しかもハイエンドケーブルとなれば
それなりの太さになり
それを2本通すとなると・・・

ですがこちらも色々な技を駆使して
確実に通します

ちなみに太いケーブルでも
被覆を剥かずに通すのがうちのスタイル

当然それなりに手数が必要なので
工賃も割高となっていきますが
ここは音への拘りの強さでご相談下さい

そして他にもたくさんの拘りの詰まった
スコーカーマウントの完成

ツィーターもこのスコーカーの角度に合わせて
ピラーに取付
なるべくツィーターとスコーカーは近づけたいですが
ドアミラーの視界を確保する為に
必要最低限の距離を確保
安全は何(音質)よりも優先しますので
ここはきっちりと安全最優先で取り付けます

そしてHi-Fiオーディオであっても
見た目は大事!
と言う事でLEDリングも取り付けています

この様な拘りの取付も
コンテストユーザーだけでなく
全てのお客様のお車にも
惜しみなく投入しています

ライトなシステムだからであるとか
コンテストには出ないしであるとか
気にせずお気軽になんでもご相談下さい!!

カテゴリー
Car Audio COROLLA TOYOTA

カローラスポーツ ツィーター埋込

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

少しづつステップアップしている
カローラスポーツ

今回は以前取り付けたツィーターを埋込加工です

最近の車はデザイン性も高く
左右非対称デザインが多く平坦面も少なくなってきています
小型のツィーターならまだ何とかなる事も
このツィーターはワイドレンジツィーター
一般的なスコーカー帯域まで再生する為
サイズも大きく重量もあり
しっかりと固定できていないのが正直な所

と言う事で埋込作業を行います

埋込場所はピラーがベストですが
このサイズだと前方視界がそれなりに遮られてしまします
オーナー自身のみ運転する車であれば
慣れて頂ければ大丈夫ですが
ご家族も運転する車と言う事で
今回は純正ツィーターのカバーを加工して埋め込みます

カバーも左右非対称なので
左右対称のピラー等から慎重に取付位置を決めて
マウントを製作します

最後に生地を貼って完成

しっかりと固定ができた事で
音質も向上
見た目も音もご満足頂けました

そしてパテの硬化時間待ちの時間を有効利用して
バーチャルアースなども取り付けて電源強化
ファミリーカーでラゲッジを使えなく
シート下もこれまで取り付けたユニットでいっぱいの為
助手席足元前方へ埋め込んでみました

荷物を積むのでラゲッジを使いたくないと言う方も多いですが
デッドスペースを有効利用する事で
十分オーディオは楽しめますよ

お気軽にご相談下さい!!