カテゴリー
ALTO Car Audio Noise Reduction SUZUKI

アルトワークス 車内静音

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは
アルトワークスで車内静音化の作業

普通車に比べるとどうしても
車外からのノイズは大きくなりがち

今後オーディオにも力を入れていくと言う事で
まずは環境作りからスタートとなります

まずは天井から作業開始

ライニングを降ろしてしっかりと脱脂

そしてデッドニング材を貼り付け
デッドニング材は一度貼り付けたら剥がせませんので
当店では最高級部材をお選び頂く事が多いです

なのでこのお車も使用部材は
レアルシルト匠

続いてその上に吸音材を貼り付け

今回はこの2枚重ねですが
更に静音効果向上や断熱効果も加える為に
異なる素材4種類を貼り付けるハイグレードVerも
ご用意しておりますので
お気軽にご相談下さい

続いてフロア

ルーフ同様に全バラして脱脂

レアルシルト匠全面貼り

そしてルーフとは違う種類の遮音効果の高い素材を貼り付け

ロードノイズや風切り音など
シャットアウトしたいノイズに合わせて
吸音材、遮音材は適材適所で使い分けます

同様にサイドパネル、ドアも施工して
ボディ全体の静音化作業の完了です

このお車では行いませんでしたが
内張りの施工まですれば
さらに効果は向上します

オーディオをしっかりと鳴らすには
ユニットや取付だけでなく
車内環境もとっても重要なファクターです

またオーディオだけでなく
ロードノイズがうるさいとか
天井に当たる雨音がうるさいとか
このようなピンポイントの不満を改善する為の
部分的な施工もオススメです

お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
CAMRY Car Audio TOYOTA

カムリ スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回ご紹介するのは
今季絶好調のカムリハイブリッド

僕がこのお車を手掛ける様になって約3年
都度音質向上に情熱を注ぎ
コンテストでも結果が出せるシステムにはなって来ましたが
更なる上位入賞を目標に
シーズンオフにスピーカー交換を実施

今回選んだスピーカーは
スーパーハエインドのZRスピーカーラボ

音色は上品で人気のスピーカーですが
扱いが難しいと言う評判もあるスピーカー

とは言っても初めて扱うスピーカーの
ポテンシャルを最大限引き出すのは容易な事ではないので
あまり気にしませんがw

今回交換するのは
諸事情により
ツィーターとスコーカー

ミッドは現状使用中のモレルを
引き続き使用します

この組み合わせもかなりチャレンジングな事ですがw

それでは取付に
この大きなスピーカーをどこに付けるのかが
一番の課題

コーン型のスコーカーは
しっかりとチャンバーによって取り付けるのが
うちのスタイル

ですがこのカムリ
ドアは特徴的なデザインの為
この大きなスコーカーを取り付けるには
デザイン的に難しく
ダッシュ上への取り付ける事に

次の課題はチャンバー容量
だいたい500cc~800cc辺りで製作しますが
オーナーさんの「できるだけ大きく」と言う
強い要望により
普段はやらない形状でチャンバーを製作

これで約1000cc弱を確保
ダッシュ上のチャンバーでは過去最大級w

次はこの大きなチャンバーを
どう付けるかですが

ここしかない!って所に決定
うちの考えでは
もう少し内に角度を振りたいところですが
そこは我慢

続いてツィーター位置
ツィーターぐらいのサイズであれば
特徴的なデザインのドアでも
何とかなるとは思いますが
最近のトヨタ車
ドアへの通線が国産車では
トップクラスに面倒くさい構造になってますので
太いハイエンドケーブルを2本通すのはかなり大変
やれと言われればやりますが
工賃は要相談となりますw

と言う事で
今回はボディ側への取付

スコーカーチャンバーと一体化で
この様なデザインのピラーに

かなりごついですが
何とか形になりましたw

ごついですが
気合の1枚貼りで何とか完成


理想を追いかけると
予算が上がるのは良くある話ですが
今回は取り付け方と予算の相談に
長い時間をかけて作り上げた作品となりました

その甲斐があって
この今シーズンの好結果に繋がってると思います

オーディオインストールやシステムアップで
お悩みの方
ご予算の中で
最大限のパフォーマンスを発揮できるシステムを
ご提案させて頂きますので
是非ご相談下さい!



カテゴリー
Car Audio COROLLA TOYOTA

カローラスポーツ オーディオ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

これまで色々準備を始めていたカローラスポーツ
いよいよオーディオインストールです

使用ユニットはオーナー様が古くから愛用している名機
ナカミチにサウンドストリームなどなど
最新のデジタルシステムではなく
アナログシステムをインストールです

しかもアナログシステムのフルマルチシステムなので
取り付けるユニットも多くなります

助手席下に
ナカミチのプリアンプにクロスオーバー
そしてサウンドストリームのアンプを1枚

運転席下には
モスコニのアンプ2枚と
ビートソニックのサブウーハー

これだけのユニットをシート下に押し込んだ為
ヒューズホルダーはダッシュボードの中に

ダッシュボードの中と言っても
パネルを1枚外せば簡単にアクセスできますので
万が一の時でも安心です

そしてナカミチのプリアンプのコントローラーは
純正オプションのDVDプレイヤーのパネルだけを入手し
加工取付

ハーフDINサイズのコントローラーがジャストフィット♪
見た目も操作性も抜群です

最後にスピーカーはオーナー様お気に入りのソニックデザイン
ドアはワンオフのインナーバッフルで取付

ツィーターはとりあえずそのままダッシュ上へポン置き

これで一旦オーディオシステムの完成です
アナログシステムらしい
鮮度の高い、勢いのある音で
オーナー様にも喜んで頂けました

現在主流はデジタルシステムではありますが
この様なシステムもお気軽にご相談下さい

カテゴリー
Car Audio PRIUS TOYOTA

プリウス スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回は50プリウスの
ナビの交換と
スタートアッププランによるスピーカー交換のご紹介

ちなみにこのお車
フロントドアのスピーカー交換等が
メーカーより禁止となっておりますが
交換は可能です
詳しくはお問い合わせ下さい

まずはスタートアッププランの施工
スタートアッププランは
・スピーカー本体
・デッドニング
・インナーバッフル
・スピーカーケーブル引き回し
・ショートパーツ一式
が全てパックとなったお得なプランです

デッドニングは非公開とさせて頂いてますので
写真はありませんが
パックだからと言って
ライトなデッドニングではなく
本格的なデッドニングを施工致します

そしてなかなか面倒な作業とされている
スピーカーケーブルの引き回しは
カプラーであっても
様々な方法を駆使して
なるべく被覆を剥かずに通します

太いケーブルですと
一番外の被覆を剥いて
中の細い被覆だけにすれば簡単なんですが
それでは何の為にしっかりとした被覆を使用しているのか
分からなくなってしまいますからね
できるだけそのままの方法で通線するのが
うちのスタイルです
スタートアッププランでは
比較的簡単に通線できる太さのケーブルを使用しますが
プランとは関係なく
極太のスピーカーケーブルを通したい方はご相談下さい
作業方法により追加費用は発生致しますが
ここはオーナー様の音への拘り次第かと

話を戻しましてこのプリウスのスピーカーは
ディナウディオのエソタン
リーズナブルにディナウディオサウンドを楽しめる
人気のスピーカーです

ミッドは当店オリジナルのインナーバッフルにて固定

ツィーターは
マウントが付属していないスピーカーですので
汎用ツィーターマウント(セット外品)使用して

ダッシュ上に固定
この汎用ツィーターマウントのお陰で
マウントがほぼ付属していない
海外製スピーカーも
リーズナブルな取付が可能になりましたね

以上がスタートアッププランの
一通りの内容です
リーズナブルなプランですが
一切手は抜いておりません
過去にはこのプランでのお取り付けで
コンテストでの入賞や
しっかりとした結果が出たお車もあるぐらいですので
リーズナブルに音質向上を狙いたい方は
是非ご相談下さい

そして最後にナビの交換

純正ナビから楽ナビへ交換

今回は通常の取付ですが
音質向上を狙った取付プランもご用意しておりますので
こちらもお気軽にご相談下さい!

カテゴリー
1シリーズ BMW Car Audio

BMW ケーブル交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回はBMWのスピーカーケーブル交換作業

SAECのスピーカーケーブル
PC-TripleC導体を使用した
SPC-650へ交換

クセのない素直な音色
PC-TripleCらしいS/Nの良さが魅力的なケーブルです

アンプ内蔵DSPのシンプルなシステムですので
こういう所で音質改善
狙った音を作っていきます

色々なオーディオのご相談も
お待ちしております!

カテゴリー
Car Audio FORESTER SUBARU

フォレスターに安定化電源

東京都武蔵村山市のEINZIELEです

昨年モスコニのアンプ
A-CLASSを導入しました
ヘビー級のシステム搭載のフォレスター

もともとはモスコニZERO-3のアンプ
4枚のシステムでしたが
ベンチャーオーディオのミッドの鳴りっぷり改善の為
左右のミッドそれぞれに
ZERO-3を1枚配置
よって1枚アンプが足りなくなるので
ツィーター用アンプにA-CLASSを用意
2チャンネルアンプ5枚と言う
理想的なシステムです

アンプ5枚にブラックスのDSP
容量60LのウーハーBOX
サブバッテリー2個とキャパシター5個
仮想アース5個などなど詰め込んで
ある程度の荷物の積載性を確保して欲しいとの要望で
製作したラゲッジ

そこにレグザットの安定化電源AT-RX100を追加のオーダー
ZERO-3は安定化電源内蔵
A-CLASSは未搭載なので条件を合わせるのが目的

既に車両後から見える範囲には付けるスペースはないので
アンプラックの裏側に取付

もうここまでのシステムになると
激変する訳ではありませんが
一つの一つの積み重ねが結果に繋がり
先日のユーロコンでも3位表彰台
久しぶりの大きなコンテストでの入賞に
僕の肩の荷も少し降りたかなと言うところ

とは言えまだまだ課題はあるので
次に向けて仕様変更も計画中です

このフォレスターの進化にもご期待下さい!

カテゴリー
Car Audio TOYOTA WillVS

WillVS RCAケーブル交換

新店オープンから
多くの作業をご依頼頂きましたので
そろそろ少しづつですが
ご依頼頂きました作業のご紹介をしていきます

皆さんのカーライフの参考になれば幸いです

それでは1台目
トヨタWillVSです

前職場から長い事製作に携わらせて頂いておりますこのお車
今回はRCAケーブルの交換です

オーナーさんの狙う音作りの為
ツィーター、スコーカーをクワトロリゴ
ミッドバスとサブウーハーをブラックスで鳴らす
オーナーさん拘りのシステム

今回は更にオーナーさん好みの音にする為
ツィーター用とスコーカー用のRCAケーブルを
アコースティックハーモニーのフラグシップ
ZR1へ変更です

ご覧の通りZR1のプラグはカーボン仕様ですが
DSP側は太くて差し込めない為
細いプラグを使用しています
この様にカスタムオーダーも受け付けてくれるのが
アコースティックハーモニーの良いところ

ミッドバス用、サブウーハー用のRCAは
ハイエンドシステム入門者へオススメしているレグザット
ちなみに当店はレグザット特約店ですので
レグザット製品についてお気軽にご相談下さい!!

と、この様にアンプもケーブルも変則的な組み合わせですが
DSPを使用して
緻密にコントロールする事により
オーナーさんの狙った通りの音になりました♪

ちなみに先日のユーロコン
2位表彰台を2本ゲットしたのはこのお車

基準によせるのではなく
自分の好きな音で勝負して
高評価を頂けるのは嬉しいものですね
まだまだ進化途中のオーディオですので
今後が非常に楽しみです!!