カテゴリー
Car Audio Exterior Custom NISSAN NOTE AURA

ノートオーラ カスタム!

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
最近絶好調のノートオーラ!

一昨年のシーズンオフに乗り換え
段階的にステップアップ
そんなお車のご紹介

新車フルノーマル状態からの
一発目のカスタムはやっぱりオーディオ

まずはラゲッジからの製作
ここに取り付けるのはDSPに
アークオーディオとダモーレの大きなアンプ
純正アンプとバッテリーがもともと付いていて
これらを全てラゲッジ下のフロアへ押し込みます

色々採寸しミリ単位の設計で行けると判断
アンプラックは3階建構造で製作スタート

1階は純正アンプ
2階はアークオーディオ4200SE-Trad 10th Anniversary
隙間にキャパシター他音質改善アイテム

そしてその上の3階には
ダモーレA1500.4

バッテリーを囲うようにDSPにヒューズホルダー

最後に荷物を載せられる強度を出す為に蓋をして

純正のフロアを載せれば

ヘビー級のシステムが搭載されているとは思えない
普通のラゲッジですw

最後に前車から引き継いだウーハーBOXを載せて
ラゲッジは完成!

続いてフロントステージ
色々オーナーさんと相談した結果
当店では一世代前のスタイルになりますが
上の2つはピラーへ取付

ドアは当店最高峰の
コンペティションスペックでのアウターバッフルで製作

デザインはオーナーさんの拘り
AURAの「A」をイメージしたデザインです

そしてオーディオと並行してカスタムしている外装

まずはオリジナルのサイドデカール

角度により色々な色に発色する
面白いシート
外装カスタムはこれを軸に進めて行く事に

続いて外装カスタムの基本ローダウン
車高調はスピリット
タイムアタック業界では有名
WTACのチャンピオンマシンにも使用されるほどの
性能のある車高調です

ローダウンするだけなら
こんな高性能な車高調を使わなくても良いですが
高性能な車高調は乗り心地が全然違います
しかもどのメーカーも吊るしの車高調は
ノーマル状態に合わせたセッティングですが
スピリットと当店で綿密な打ち合わせの上
オーディオ搭載による車重増や
前後バランスの変化に合わせた
イニシャルセットで製作していますので
間違いありません

そしてルーフのラッピング

シートは
黒かカーボンか悩んだ末にカーボンに
スポーティ路線で行く事に決定!

アルミ装着前ですが
だいぶスポーティな感じになってきました
大きな所は押さえたので
後は細かい所を煮詰めて行けば
まだまだカッコよくなっていくと思います

続いてこのスタイルを更にブラッシュアップする為に
チョイスしたホイールが
ワークのシーカーFX
カラーはサイドデカールに合わせてカシスヘイズ
カスタム上級者向けの
なかなかチャレンジングなカラーですw

新品ですがしっかりと清掃して
コーティング
ブレーキダストからホイールを守ります

そして装着

サイズはフロント225のリア245
ホイールもフロント8.0Jのリア8.5Jの
適合表を無視した限界マッチング
計算通りバッチリと決まりました

とは言えこのサイズのお車でも
やっぱり19インチを履きたい所ですね
4H-100の19インチは皆無に近いので
どうしても19インチにする場合は
それなりに費用が掛かってしまいます
予算ができたら次のステップで
チャレンジしたいですね

オーディオだけでなく
車全体をトータルでデザインさせて頂きますので
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Car Audio MITSUOKA VIEWT

ビュート オーディオ取付!

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

本日のご紹介は光岡ビュートに
オーディオの取付

以前お乗りになっていたお車から
お客様自身が取り外したオーディオユニット

初めて見る物から久しぶりに見る物まで
色んなユニット達を持込頂きましたが
使い方も分からず配線を解析する所からスタート

配線も全て前車からの流用
ユニットを取り付ける位置、向きを間違えると
ケーブルが届かなくなると言う
非常に難しい依頼
1本1本長さを測って
念入りなシミュレーションをしてからの
作業スタート

ラゲッジはユニットを並べるぐらいにしか
できませんでしたが
フロント側はしっかりと製作

ソースユニットはアゼストの9255

スピーカーはフォーカル

システムはオーナー様拘りの
アナログシステム
ケーブルもギリギリの所ばかりでしたが
無事に組み上げる事ができました

なかなかスリリングな作業となりましたが
拘りや希望がある場合は
遠慮なくお申し付け下さい
最大限努力致します!!

カテゴリー
Car Audio LAND CRUISER TOYOTA

ランクル スピーカー交換!

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

本日のご紹介はランドクルーザープラド

当店の人気メニュー
スタートアッププランでのスピーカー交換です

スピーカー交換作業
デッドニング
スピーカーケーブルのダイレクト接続
などなど
スピーカー交換に関する
オススメな作業を全てまとめた
お得なプランとなってます

作業はまずドアトリムの取り外しから

大きな楕円のスピーカーが付いてますが
真円のスピーカーを取り付ける為の
バッフル製作もプランに含まれています

今回お選び頂いたスピーカーは
パイオニアのTS-Z900PRS

手軽に3Wayが組めるオススメなスピーカーです
高域を再生するCSTユニットは
ダッシュ上に固定

2Wayセパレートスピーカーと同じ感覚で
3Wayシステムが構築できます

パッシブネットワークは
通常スペースがあればダッシュ内のデッドスペースへ
取り付けますが
今回は将来DSPを取り付けて
マルチシステム化のステップアップをご希望でしたので
助手席下へまとめて取付

これでDSPを取り付ける時は
スピーカーケーブルを引き直す事なく
アンプに繋ぎ変えるだけで
無駄な工賃なしでステップアップ可能です

オーディオはスピーカー交換だけでなく
DSPやアンプなどを追加して
ステップアップしていくのも楽しみの一つです
今回はスピーカー交換だけだけど
最終的にはこのぐらいのシステムにしたいなど
ご希望がある方は
打合せの時にお話し下さい
無駄なくステップアップできるプランを
ご提案させて頂きますので
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
595 ABARTH Car Audio

アバルト595 デッキ交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介はアバルト595で
デッキの交換

純正は異形オーディオですが
パネルの奥はDINサイズですので
取付キットを使えば簡単に交換可能

ですがこのお車には適合する取付キットはありませんので
ベース車両のFIAT500の取付キットを使用します

もちろんFIAT500とは内装色が違うので
塗装して使います

DSC_2035.JPG

交換したデッキは
パイオニアのDEH-970

3Wayマルチシステムが組める数少ないデッキですが
今回はライトな取付の為
デッキ裏のスピーカー配線に直接接続し
純正同様
フロントパッシブ2Way+リア+サブウーハーシステムで
鳴らします

しかしこの接続ですと
純正サブウーハーを単独でコントロールできないので
せっかくのタイムアライメント機能が
真価を発揮できません

このデッキのポテンシャルを引き出すには
スピーカー配線も引き直して
フロント2Wayマルチ+サブウーハーシステムとするのが
オススメですよ!

カテゴリー
Car Audio MERCEDES-BENZ S-CLASS

ベンツSクラス アンプ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回のご紹介はベンツで
オーディオの音が出ないと言うご相談
そして修理ついでに外部アンプを取り付けたい
と言う内容

とは言う物の
アンプが壊れているのか
ソースユニット側が壊れているのか
MOSTの回路が壊れているのか・・・

古いお車だけあって
何が原因でもおかしくはない状態

ソースユニット側も反応しないボタンもあったりで
ちゃんと再生できているのかどうか・・・

MOSTの回路なので
テスター使って音声信号がアンプまで来ているのかの
確認もできず
ですがコネクターを見ても
光っている感じもなく
MOSTが壊れている様な気もしなくもなく

純正アンプ取付位置の
ベンチレーターも何故か外れていて
土埃だらけ

アンプに埃が入って壊れた可能性も否定はできないが
社外アンプみたいにインジケーターがないので
アンプの電源が入っているのに
音が出ないのか
そもそも電源が入っていないのか?
配線図もないので
原因を確認するのも大変な作業になってしまう

そもそも原因が特定できても
ユニットを交換する費用もそれなりになってしまうので
今回の予算内で納めるのは難しいと言うことで
お客様とご相談の結果
純正システムを諦め
車両とは完全に独立したシステムを組む事に

とは言っても
流行りのDSPを追加して
DAPやスマホをソースユニットにするシステムでは
完全に予算をオーバーしてしまいますので
今回はオーディオコントロールの
Bluetoothレシーバーを使用

そしてレシーバーから
ダイレクトにアンプに接続

予算の方も
Bluetoothだからケーブル代も不要
スピーカーケーブルは
純正アンプのコネクターを加工して最短で接続
バッテリーもラゲッジにあるので
パワーケーブルも最小限

作業も全てラゲッジ内で完了する為
工賃も最小限

これで予算もお客様の希望の範囲内でばっちり

アンプの固定も念の為
ベンチレーターがまた外れても大丈夫な様に
ニードルフェルトで覆って対策

これで全て作業完了
音の方も純正アンプより
パワフルに鳴るようになって
お客様にも満足頂けました!

今回は修理からの相談でしたが
予算、希望内容により
最適な内容をご提案させて頂きますので
お気軽にご相談下さい!!


カテゴリー
Car Audio TOYOTA YARIS CROSS

ヤリスクロス DSP取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!

今回のご紹介はヤリスクロスへ
DSPの取付です

数年前のお車であれば
ナビを交換する事で
より高機能なDSPも手に入れる事ができ
ナビもグレードアップして一石二鳥でしたが
最近のお車では
ナビの交換ができないとか
交換すると一部の機能が使えなくなるとかで
今ではハードルの高い作業となりつつあります
現行の外国車だと壊滅的です

そこで登場するのが外付けのDSP
最近はお問い合わせも増えてきて
大分知名度が上がって来た感がありますが
導入を決めた時に最初に悩むのが
アンプレスタイプかアンプ内蔵タイプか

当店では
システムをライトに完結したい方にはアンプ内蔵タイプ
将来ステップアップをして
長くカーオーディオを楽しみたいと言う方には
アンプレスタイプをオススメしています

ですが、アンプレスタイプを導入しようとした場合
大きく立ちはだかるのが予算の壁

アンプレスタイプなので当然別途アンプを用意し
DSPとアンプを繋ぐケーブルも必要になります

アンプ内蔵タイプに比べると
必然的に予算は上がってしまいます

そこで当店がオススメしているのが
アンプレスタイプに小型アンプの組み合わせ

アルパインのKTP-600
もしくはパイオニアのGM-D1400Ⅱ

どちらも取付に必要なケーブルが全て入って
20000円程(パイオニアはもう少し安いです)

4chアンプなので
Fr2Wayをマルチで鳴らせるので
スピーカー交換をした次のステップアップには
持ってこいです

前置きが長くなりましたが
今回のヤリスクロスはこちらのパターンでの施工です

他店で取り付けたパッシブ2Wayシステムからの
ステップアップ
組み合わせはヘリックスのDSPに
アルパインのKTP-600
小さいのでシート下に簡単に取り付けられます

これだけのシステムであれば
オーディオ裏など車内のケーブルからでも
電源は取れますが
今回はチューンアップサブウーハーも取り付けるので
バッ直で電源を取ります

将来のステップアップを考えると
なるべく太いケーブルで引き回すと
ステップアップ時のやり直しが不要になるので
総額の費用が抑えられますが
今回はなるべく予算を抑える為
必要最低限の太さで引き回します

チューンアップウーハーは
運転席下へ取付

これでリーズナブルに
ステップアップ完了です

ちなみに
このパターンで施工頂いたお車が
アンプをステップアップされた場合
小型のアンプは下取りさせて頂いておりますので
新規で今回同様のシステムを導入される場合
タイミングが合えば中古でのご用意も可能です
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
Car Audio Car Electronics EXPEDITION FORD

エクスペディション オーディオ取付

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

年明けから作業に問い合わせに
忙しくさせて頂きまして
ようやく2023年1発目の投稿となりましたが
本年もよろしくお願い致します

と言う事で今回のご紹介は
フォードエクスペディション

前オーナーが大きなスピーカーを取り付けていたのですが
低音が全く鳴らないとのご相談です

原因を探る為にバラシてみましたが
せっかくのアウターバッフルも
トリムに固定されていて取付強度の不足
とりあえずスピーカーが固定されているだけの状態

これを手直しをしようとすると
それなりに予算が掛かってしまいますので
今回は手軽に低音を追加を目的に
サブウーハーを取り付けます

ですがこちらのお車
サイズは大きいのですが
デッドスペースがほとんどありません

シート下も狭く
ラゲッジは荷物を満載するとの事で
使用許可を頂いたのがラゲッジ右サイドのみ

前オーナーが外部アンプを入れていた
収納スペースか何かのスペースを使います

使用したサブウーハーは
ロックフォードのP3の12インチ
変形BOXでサイドウォールにがっちりと固定します

その隣にはサブウーハー用のアンプを固定
スペースを有効に使います

この上に純正トリムと一体成型した
カバーを取り付けて完成です

積載性を最優先に
サイドからの飛び出し量は
タイヤハウスの量まで

車載ジャッキも純正位置にそのまま固定して
蓋を外す事で簡単にアクセスできます

そしてフロントスピーカー用のアンプは
助手席下へ移設


移設ついでにMTXの小型アンプに変更しましたが
このサイズでも結構ギリギリ
ちなみに運転席下は全くスペースがありません・・・

これで今回の低音増強のシステムアップは完了

最後に

レーダーとドラレコを取り付けて
全ての作業完了です!

オーディオに不満のある方
お気軽にご相談下さい!!

カテゴリー
BMW Car Audio MINI

BMW MINI スピーカー交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

外国車のお問い合わせも増えて来ました今日この頃
今回はBMWミニのスピーカー交換です

BMWは外国車の中でも
色々なメーカーからトレードインスピーカーが
ラインナップされていますので
手軽にスピーカー交換可能です

それでは作業開始
今回お選び頂いたのは
ブルームーンオーディオ

まずはドアから

純正ではドアミラー裏にツィーターが
ありません



この場合は
ツィーター付用の純正パネルを使って
純正位置にツィーターを固定します
スコーカーは純正と交換するだけのボルトオン

続いて
シート下のスピーカー

こちらも純正を外して
交換するだけのボルトオン

トリム、カバーを戻せば
見た目は変わりませんが
音は激変です

この様にBMWは簡単に交換できますが
トレードインが用意されていない
外国車も交換は可能ですので
お気軽にご相談下さい!

カテゴリー
Car Audio FORESTER SUBARU

フォレスター アウターバッフル製作

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介はアウターバッフルの製作
これまでもアウターバッフル化はしてましたが
スピーカーを交換モレルからベンチャーへ交換した際
バッフルは改造で済ませていましたが
思う様な結果が得られなかった為
思い切って再製作をします

と、その前に
壊れていたドアミラーの修理から

しっかりと造り込まれたドアだと
純正部品の修理も大変
当然ディーラーなどでも断られるので
こういう時に一緒にやるのが効率的
壊れた部分のみ交換して
いよいよドアの再製作開始です

常に進化している
当店最高峰のコンペティションスペックでの製作
今回は改造ではなく
新規での再製作なので
新品の内張を用意します

すぐにカットして切り刻んでしまいますが・・・

最新スペックでは
スピーカーの固定方法が特殊な為
大きなスペースが必要
その為インナーバッフルから製作

スピーカー固定位置が決まったら
アウターバッフルの製作
段ボールで型取りします

インナーバッフルは秘密がいっぱいなので
お見せできませんw

アウターバッフルの製作が
一段落したところで
スコーカーマウントの製作に入ります
当店では性能を引き出す為
必ずチャンバーを製作します

今回はデモカーで良好な結果の出た
レイアウトで製作
とは言えデモカー製作時の反省点を
フィードバックし
更なる進化をした構造で製作となります

ファイバーで型取り
できる限り大きな容量を稼ぐ為の手段です

ここから先はお見せできませんが
約1L弱の容量を確保した
チャンバー一体型のドアパネルの完成です

スコーカー取付の理想的位置に
インナーハンドルがあった為移設

移設先はパワーウィンドウスイッチの位置
玉突きでパワーウィンドウスイッチも移設

最後に生地を貼って完成です

結果的にフルカスタムされたドアになりましたが
派手さを押さえた純正風な仕上げとしました

日々進化を続けている
コンペティションスペック
是非ご検討下さい!!

カテゴリー
Car Audio Car Electronics LAFESTA NISSAN

ラフェスタ カーウィングスナビ交換

東京都武蔵村山市のEINZIELEです!!

今回のご紹介は
ラフェスタのナビ交換
日産純正カーウィングスナビから
社外ナビへの交換

一般的には交換不可とされるナビですが
このお車の場合は無加工で付けようと思えば
無加工で取付可能
こちらのオーナー様も
他店で断られ当店へいらして頂きました

無加工と付くとは言っても
カーウィングスレス仕様のパネルを
別途用意する必要があるのですが
年式的に純正パーツの供給がストップしているかと思いましたが
未だに生産していてくれたのには
ちょっとビックリ
コロナの影響もあり2ヶ月程待ちましたが・・・

必要な部品が入荷したところで
ご入庫頂いて作業開始

無加工で取付はできるのですが
今回は費用を抑える為
カメラは純正を流用するので
カメラ信号線を加工して取り付けます

今回はパイオニアの楽ナビを取付

純正カメラを流用した為
サイドカメラもそのまま使用可能

少し前のナビで
サイドカメラを映すには
もう少し加工が必要でしたが
ナビにもよりますが
ここの加工はしなくても
映し出す事が可能に
便利な世の中になりましたw

もちろんステアリングリモコンも使えます

そして最後に軽くチューニングをして
作業完了です

最近の純正ナビを交換するのは
何かの機能が犠牲になったり
不可能な車もありますが
この年代の純正ナビは
交換可能なお車も多いです
今回の様に簡単にはいかないお車もありますが・・・

地図も古く、地デジも見れない
昔の純正ナビでお困りな方は
お気軽にご相談下さい

ただし年式的に純正パーツの確保が
難しくなってきてますので
お早めにご検討下さい!!